コンテンツへスキップ

協会概要

ごあいさつ

平成24年7月1日につづき区民交流協会の新理事長となりました飯田嘉雄です。
平成17年4月6日に設立した当協会は、現在、都筑区内のコミュニティ施設14館を管理運営しています。地区センター3館を始めとする指定管理施設が6館、学校併設型のコミュニティハウス7館と都筑多文化・青少年交流プラザの8館が委託施設となっています。このようなコミュニティ施設は、地域の皆さんに利用していただくことで、その価値が認められる存在です。
私たちつづき区民交流協会の全員が、より多くの皆さんに利用され、愛される施設づくりに励んでいきたいと決意を新たにしています。
今後とも、地域の皆さまにはこれまで以上に各施設をご利用いただき、つづき区民交流協会の取組みを御支援いただきたくお願い申し上げます。
認定特定非営利活動法人つづき区民交流協会 理事長 飯田嘉雄

協会の使命

施設運営を通して、ひと・情報・地域をつなぐ

協会の運営方針

1.「地域活動拠点としての居場所づくり」

施設運営を通して、子育て世帯・青少年・高齢者の地域での居場所づくりを行うとともに、年齢層や居住年数を超えた世代間交流に取り組み、利用者や団体を地域につなげます。

2.「地域連携によるまちづくり」

区や施設・団体と連携して、子育て・まちづくり・防災等の地域課題の解決に取り組むとともに、そうした活動に参画する地域の人材の発掘・コーディネートを行います。

3.「持続可能な施設運営」

長期修繕計画による計画的修繕、コスト削減、各種増収策に取り組み、利用者に還元します。

管理運営施設

中川西地区センター、仲町台地区センター、北山田地区センター、大熊スポーツ会館、東山田スポーツ会館、鴨池公園こどもログハウス、中川中学校、勝田小学校、川和小学校、都田小学校、北山田小学校、つづきの丘小学校、東山田中学校の各コミュニティハウス、都筑多文化・青少年交流プラザの14施設の管理運営をしております。

定款

定款 ( 平成30年5月29日改定 )

指定管理施設事業統計

指定管理施設事業統計

文字サイズ
背景色